テックアカデミー 各プログラミングスクールについて 注目記事

プログラミングスクール講師がテックアカデミーを完全解説

プログラミングスクール講師がテックアカデミーを完全解説

ここではプログラミングスクール講師の私がテックアカデミーについて完全解説していきます。

テックアカデミーの受講料は決して安くはありません。

受講が始まってからはキャンセルできませんので「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう、このページをよく読んでご検討ください。

テックアカデミーの2021年9月キャンペーン情報

テックアカデミーは週替わりで何らかのキャンペーンを実施しています。

ここではテックアカデミーが2021年9月に実施しているキャンペーン情報をお知らせします。

秋の20%還元キャンペーン

テックアカデミー 秋の20%還元キャンペーン

テックアカデミーでは期間中に対象コースに申し込むと、受講料金の20%分のキャンペーンコードがもらえるキャンペーンを実施中です。

キャンペーン締切:9月26日(日)26時

管理人
料金が割引になる訳では無いのがポイントですね。このキャンペーンは延長を前提としてワンランク短い期間で申し込むとお得になります。

8週間受けたいのであれば、4週間で申し込んで延長の時にこのキャンペーンコードを利用しましょう。

対象コース

・Webアプリケーションコース

・PHP/Laravelコース

・Javaコース

・フロントエンドコース

・WordPressコース

・iPhoneアプリコース

・Androidアプリコース

・Unityコース

・はじめてのプログラミングコース

・Pythonコース

・AIコース

・データサイエンスコース

・Node.jsコース

・Google Apps Scriptコース

・OSS学習コース

・Webアプリ実践ポートフォリオコース

・はじめての副業コース

・Webデザインコース

・UI/UXデザインコース

・動画編集コース

・動画広告クリエイターコース

・Shopifyコース

・デザイン実践ポートフォリオコース

・Wixコース

・Webディレクションコース

・Webマーケティングコース

・はじめてのDXコース

・DXマネジメントコース

※セットコースも対象になっています。

公式サイトでキャンペーンを確認する

先割(受講料5%OFF)

テックアカデミー 先割(受講料5%OFF)

先割は受講料が5%OFFになるキャンペーンです。

キャンペーン締切:9月26日(日)26時

対象コース

・ウケ放題

 

テックアカデミーに安く入会するには

テックアカデミーではキャンペーン以外にも、安く入会する方法があります。

こちらの記事にて解説しています。

テックアカデミーの料金を安くする方法
テックアカデミーの料金を安くする方法

プログラミングスクール講師の斉藤です。 ここではテックアカデミーに入会を検討されている方向けに、テックアカデミーの料金を安くする方法を解説していきます。 他では聞けない内容もありますので、ぜひ参考にし ...

続きを見る

 

テックアカデミーのコースについて

テックアカデミーのコース一覧

テックアカデミーのコース一覧

テックアカデミーには非常に数多くのコースが用意されており、ジャンルも幅広く対応しています。

コース数だけで言うならおそらく業界1位でしょう。

主要なジャンル

・プログラミング

・デザイン

・マネジメント

・転職保証

・副業

これだけジャンル、コースがあると、あなたの目的にあったコースもきっと見つかるはずです。

 

テックアカデミーのコースについてはこちらでより詳しく解説しています。

テックアカデミーのコースについて解説
テックアカデミーのコースについて解説

プログラミングスクール講師の斉藤です。 テックアカデミーには非常に多くのコースが用意されています。 コース数は業界一位です。 ただ、コースが多すぎて、プログラミング初心者の方だと、どれを選んだらいいの ...

続きを見る

 

複数のコースを受講したければセットコースもある

テックアカデミーでは複数のコースを受講したい方向けに、セットコースというのも用意されています。

例えば、PHP/Laravelとフロントエンドの両方を受けたいなどのケース。

この場合、それぞれのコースを別々に申し込むより、セットコースを選んで申し込む方が少し料金が安く設定されています。

 

テックアカデミーの料金について

テックアカデミーの料金表

PHP/Laravelコースの料金表(2021年8月時点)

テックアカデミーの料金は、コースと受講期間で決まります

最も人気のある8週間コース(約2か月)の料金は229,900円となっています。

この料金は他のプログラミングスクールと比較すると若干安めに設定されています。

 

こちらに全コースの料金を一覧表にまとめましたの参考にしてみてください。

テックアカデミーの料金
【2021年】テックアカデミーの料金は高い?全コースの料金表から比較

テックアカデミーの料金について解説していきます。 テックアカデミーの料金はコースと期間によって決まります。 ただし、一部特殊料金体系のコースもありますので、注意しましょう。   テックアカデ ...

続きを見る

 

テックアカデミーの期間について

テックアカデミーの期間

テックアカデミーの受講期間については、8週間か12週間のどちらかにするのをお勧めします。

受講期間の目安

少しでもプログラミングを知っている方…8週間

プログラミング完全未経験…12週間

 

注意ポイント

4週間は短すぎますし、16週間も必要ありません。

また、受講期間は延長可能なので、最初はあえて8週間コースに申し込み、間に合わなければ延長する手もあります。

テックアカデミーの期間は8週間がベストな理由をプログラミングスクール講師が解説

テックアカデミーの受講期間は4,8,12,16週間の中から選択することができます。 自分がどれくらいの期間でカリキュラムを達成できるかは、実際に始まってみないとわからないものです。 実際に多くの受講生 ...

続きを見る

 

テックアカデミーの転職サポート、就職支援について

テックアカデミーには、テックアカデミーキャリアという受講者専用の転職サポート、就職支援サービスがあります。

このサービスを利用すると、就職、転職に関する支援をしてもらうことができます。

利用は無料。

テックアカデミーキャリアでは、あなたの学習状況が企業やコンサルタントに共有されますので、IT業界への転職が最終目的であれば、きちんと受講するに越したことはありません。

 

テックアカデミーが紹介する転職先はSESだけではない。自社開発もあり

テックアカデミーが転職先(就職先)として紹介する企業はSESだけではありません。

自社開発や請負開発の企業もあります。

プログラミングスクールが紹介する企業なんてSESばかりでしょ?

と思われがちですが、それは誤解ですね。

自社開発を行なっている企業は、待遇が良かったり、残業が少なめだったりする傾向にありますので、入社できるチャンスがあるならぜひ、つかみとってください。

テックアカデミーに問い合わせてみる

30代の方でも転職サポートは受けられる

テックアカデミーの転職サポートは30代の方でも受けることができます。

ただし、30代は未経験で転職できる境界の年齢でもあります。

テックアカデミーに入る前には、あなたが転職サポートの対象となり得るかを確認しておきましょう。

30代でテックアカデミーに入って転職できるのか?
30代でテックアカデミーに入って転職する方法

テックアカデミーは30代でも受け入れてくれるプログラミングスクールです。 ここでは、30代でテックアカデミーに入って転職する方法についてプログラミングスクール講師が解説していきます。 目次1 テックア ...

続きを見る

 

テックアカデミーの年齢

テックアカデミーを受講するのに年齢制限はありません。

実際に10代〜60代まで、幅広い世代で受講される方がいます。

ただし、テックアカデミーの転職サポートを受けるにはある程度の年齢がありますので、転職サポートを期待されて入る方はご注意ください。

 

テックアカデミーの進め方

テックアカデミーの学習システムについて解説します。

テックアカデミーの受講が始まったら、やるべきことは主に3つあります。

やるべきこと

・カリキュラムを読み進める

・課題を提出し合格する

・週2回のビデオ通話によるメンタリング

 

カリキュラムを読み進める

コースに沿ったカリキュラムが用意されていますので、最初から順に読み進めます。

カリキュラムは章ごとに学ぶテーマが決められていて、基礎的な内容から始まり、徐々に実践的な高度な内容になっていきます。

受講生のほとんどはプログラミングが初めてだったりしますので、初心者の方でも理解できる難易度になっています。

また、つまづいたらいつでもSlackで質問できる環境が用意されています。

 

課題を提出し合格する

カリキュラムのレッスンごとに、その章で学んだ内容を確認する課題が用意されています。

プログラミングは読むだけでなく、実際に手を動かさないと理解が進まないので、本当に理解したかを課題を通じてチェックします。

課題は受講生用の画面から提出し、メンターが内容を確認します。

もし不正解であれば、課題の再提出が求められますので、合格するまで頑張りましょう。

 

Slackによるチャットサポートについて

カリキュラムや課題で詰まづいた場合はSlackの専用チャンネルにて随時質問することができます。

毎日15〜23時の間はメンターが待機しているので、回答のレスポンスも早いです。

また、質問回数に制限はありません

受講生が抱えている問題が解決されるまで対応しますので、ほとんどのケースで問題は解消されます。

 

週2回のビデオ通話によるメンタリング

受講生には専属のメンターが付き、週2回、ビデオ通話によるメンタリングが行われます。

メンタリング時間は1回あたり25分間

ビデオ通話にはtalkyというWebサービスを利用します。

talkyは会員登録の必要もなく、用意されているURLにアクセスするだけで開始できます

メンタリング時間中は、カリキュラムの疑問点やITエンジニアの仕事についてなど、受講生の要望に合わせて進められます。

ソースコードを見てもらいたければ、Cloud9の画面を共有しながらアドバイスを受けられます。

 

テックアカデミーのポートフォリオ

テックアカデミーではカリキュラムの最後でオリジナルサービスを作成します。(はじめてのプログラミングコース以外)

オリジナルサービスは、コースの中で学んだ技術にプラスアルファしたくらいの内容でアプリケーションを設計、実装します。

転職目的の方であれば、ここで作成した物をポートフォリオとして使用することができます。

 

テックアカデミーの評判、口コミ

テックアカデミーの評判、口コミ

こちらでは当サイトに寄せられたテックアカデミーの評判、口コミ、体験談を多数ご紹介しています。

テックアカデミーの評判、口コミ
テックアカデミーの評判、口コミ

当サイトに寄せられたテックアカデミーの評判、体験談をご紹介します。 目次1 はじめてのプログラミングコース1.1 30歳でテックアカデミーのはじめてのプログラミングコースを受講した体験談1.2 テック ...

続きを見る

 

テックアカデミーのちょっと得する話し

テックアカデミーを受講するにあたり、あまり知られていない少し得することをお伝えします。

 

カリキュラムは受講修了後も永久に見れる

テックアカデミーのカリキュラムは受講期間が終わってもずっと閲覧できます。

コースのカリキュラムは量も多く、内容がわかりやすいのでアプリケーションを作成する手順や開発環境構築の手順などがいつでも見直せるのはメリットです。

ただし、Slackの質問チャンネルは見れなくなるので、そちらは終了前に手動で別に保存しておく必要があります。

 

効率よく学習する方法

テックアカデミーのカリキュラムはWebページなのでスマホでも閲覧することができます

社会人の方であれば、通勤時間中にスマホでカリキュラムを読み進めておき、課題などパソコンで行う作業は自宅に帰ってから行うとより多くの学習時間を確保できます。

 

テックアカデミーの微妙な点

ここではテックアカデミーの微妙点を解説します。

テックアカデミーに限らず、どのスクールであっても完璧ということはありません。

 

カリキュラムは全てテキストと図解

テックアカデミーのカリキュラムは全てブラウザで見れますが、文字情報が多いです。

図解はそこそこありますが、動画による解説はありません

ですので何か操作をしなくてはならない場合は伝わりにくいことがあるようです。

そのような場合はSlackの質問チャンネルで質問すれば、動画での解説を掲示してもらうこともできます。

 

カリキュラム以外はサポート対象外

Slackの質問チャンネルは質問し放題ですが、基本はカリキュラムに関する内容のみ質問を受け付けています。

カリキュラム外の質問やコース外、例えばPHP/LaravelのコースでJavaScriptの質問、仕事で行っているプログラミングの質問をしても回答してもらえません。

なんでも答えてくれるサービスではありませんので、その点はご注意ください。

 

プログラミングスクールのテックアカデミーを完全解説まとめ

まとめ

テックアカデミーは、オンライン完結型でコースも豊富です。

つまずいた時の質問も無制限にできるので、ハマったときに自分で調べるより早く解決できます。

あなたのオリジナルサービスについてもアドバイスいただけますので、受講期間中にオリジナルサービスを完成させて、転職活動用のポートフォリオとして使うことをお勧めします。

受講するか迷っている方は、無料体験もできますので一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

無料体験はこちら

 

-テックアカデミー, 各プログラミングスクールについて, 注目記事

© 2021 プログラミングスクールの選び方