各プログラミングスクールについて 東京ITスクール

研修で東京ITスクールに通いWeb系プログラミング言語を学びました

研修で東京ITスクールに通いWeb系プログラミング言語を学びました

私はIT系の会社に新卒で入社しました。

ただ、入社時はまだプログラミング未経験だったので、入社してから本格的にプログラミングを学び始めました。

研修にも力を入れていた会社だったので、幸運にも会社の費用でプログラミングスクールに通わせてもらえました。

研修で東京ITスクールに3ヶ月通った

研修中の3か月間、会社負担で東京ITスクールというプログラミングスクールに通わせていただきました。

そこではJavaHTMLなどのWeb系プログラミング言語を中心に学びました。

会社の計らいで、研修後に入る現場は、自分が興味を持ったプログラミング言語が使えるところに配属してもらうことができたのです。

 

JavaScriptはすぐに結果が反映されるのが楽しい

プログラミング学習中は、JavaScriptが触っていて一番楽しいと感じました。

理由は書いたコードの結果がすぐに画面に反映されるのは、成果が見やすいので好きでした。

とはいえ、まだ初心者だったので大したことはできません。

 

開発現場に入ってから行った勉強法

開発現場に配属されてからまずやった勉強法は、既存システムの正しく動いているソースコードに解説コメントを振っていくことでした。

まずは、そこのコードがどういった処理をしているのかを把握しないことには、修正時に触ることができないからです。

コメントでソースコードの上にそのコードの意味を書くことで、もし時間が経って忘れたとしてもまた見直すことで思い出すことができます。

 

まとめ

最初は書籍などでプログラミングの勉強をすることも考えましたが、むしろ現場で使われているソースコードそのものが生きた教材になりました。

本で勉強するよりも、先輩などの有識者に聞きながら、今あるソースコードの意味を勉強するのがプログラミング上達の一番の近道だと思います。

 

-各プログラミングスクールについて, 東京ITスクール

© 2024 プログラミングスクールの選び方