各プログラミングスクールについて 神田ITスクール

神田ITスクールの1日でHTMLの基本をマスターできるコースに通ったが…

私がHTMLとCSSを初めて習ったのは30歳になった頃でした。

当時は、実家のある大阪に戻って転職活動をしていたのですが、職業安定所の職業訓練校でHTMLを教えてくれるコースを見つけ、そこに1ヶ月ほど通いました。

IT系の仕事をしたい訳ではなかった

私は特にIT系の仕事をしたいといったようなことは考えてはいませんでした。

ただ、なかなか決まらない転職先と、時間の経過とともに実家での肩身の狭さを感じており

「決まらないんじゃない。学校に通うために就職を先延ばしにしてるんだ」

というような言い訳がましい理由を言いつつ学校に通っていました。

 

職業訓練校での授業はそれなりに楽しかったものの、当時はエンターテイメント関係の仕事に就きたかったので、そちらの仕事が決まると、職業訓練校はさっさと辞めてしまいました。

 

7年後にHTMLとCSSが必要となった

次にHTMLとCSSに触れたのは、それから7年後のことです。

 

2度目の転職先がEC事業を行っている会社で、毎日のようにhtmlを目にするようになりました。

 

もっとも、コーディング担当者がいるので、自分が覚える必要はなかったのですが、覚えると仕事の幅も広がるし、何より、見よう見まねでいじっていると楽しかったので覚えることにしました。

(7年前に習った内容はすっかりもう忘れてしまっていました)

 

とは言っても、仕事が忙しく、平日の夜に学校に通ったり、週末に通うといった余裕はありません。

 

色々と調べている中で神田にある神田ITスクールが一日で基本をマスターできる、といったコースがあるのを知りました。

そこで、有給休暇を取って授業を受けに行くことにしました。

 

神田ITスクールで受講

神田ITスクールの授業はとても良いと思いました。

分かりやすく、丁寧に教えてくれる。

ただ、初心者向けといった内容だったので、毎日htmlを目にしている私にとっては少々物足りなくも感じました。

 

他にもそういった一日コースで中級編はないものかと探していると、渋谷のイマジカデジタルスケープでも一日コースがあり、そちらにも行くことにしました。

そちらではhtml5とCSS3のプログラミングをみっちりと学ぶことができました。もちろん一日なので、色々なコーディングをしていくような授業ではないのですが、ある程度htmlに慣れている人向けに説明してくれまし

たので、とても良い授業で、行って良かったと思いました。

 

ただ、結果的に、そういった一日コースでコーディングがゼロからできるようになるかと言うと実はできるようになったわけではありませんでした。

 

もちろん、それらの授業での経験も大きな糧となったことは確かですが、結局は仕事で否が応でも触ることが一番習得する道として近かったです。

 

まとめ

HTMLは「習うより慣れろ」。

やはりそれが一番の近道です。

 

-各プログラミングスクールについて, 神田ITスクール

© 2021 プログラミングスクールの選び方