30代でも就職支援が受けられるプログラミングスクールを紹介

多くの社会人向けのプログラミングスクールでは、就職支援のサービスを行っています。

しかし、年齢制限で20代までにしているところも少なくありません。

そこで、今回は30代でも就職支援が受けられるおすすめのプログラミングスクールを3つご紹介します。

 

目次

30代でもプログラミングスクールを使えば転職できる理由

30代でもプログラミングスクールを使えば未経験から転職できる理由について説明します。

プログラミングスクールは受講生から受講料をもらうのとは別にもう一つ売り上げを上げるルートを持っています。

 

それは受講生を企業に斡旋することです。

プログラミングスクールが斡旋した企業に受講生が入社できると、プログラミングスクールにマージンが入る仕組みになっています。

 

転職したい受講生にとって、プログラミングスクールは強力なサポーターになります。

ですので、確実に転職したければプログラミングスクールを利用した方が良いと言えます。

 

プログラマーは慢性的な人手不足

プログラマーは人手が足りない

プログラマーは慢性的な人手不足な状態が続いています。

ですので、プログラミングさえ学べば30代でも転職先はあります

 

実際の開発現場では技術者派遣やSESなど、他社に常駐して作業するプログラマーには40代、50代の方も普通に働いています。

そう考えると30歳からプログラミングを学び始めてもまだまだいけると思いませんか?

 

もし今あなたが30代でプログラミング未経験だとしても、プログラミングスクールで基礎力を身につけて、プログラミングスクールに転職先を斡旋してもらうことができればプログラマーになれる可能性は高いです。

 

最低限のプログラミングスキルは持っているとみなされる

プログラミングスクールで2〜3ヶ月学んだ方であれば、実務は未経験であってもプログラミングは未経験ではありません

プログラミングスクールでは就職・転職を目的としたカリキュラム構成になっています。

そこを卒業している時点で企業側もあなたを完全な未経験者という評価はしません。

つまり、プログラミングスクールで学んだ人は、他の未経験者よりも優位な立場で転職活動にのぞむことができるのです。

 

これまでの業務経験を買ってくれる可能性がある

30代は業務経験が豊富

30代の社会人であれば、これまでの仕事でさまざまな業務経験を持っているはずです。

その経験値がこれからのシステム開発に活かせると思ってもらえれば、企業はあなたを採用するでしょう。

こればっかりは相性がありますので、全ての企業が該当するわけではありません。

30代は本気でプログラミングを学んできた姿勢と、これまでの仕事、業界の経験を武器に転職活動に臨むことができます。

 

30代で未経験であれば素直にプログラミングスクールを利用するべき

30代未経験であればプログラミングスクールを利用するべき理由

もしあなたが30代でプログラミング未経験であればプログラミングスクールを利用するべきです。

その理由は2つあります。

・実践的なプログラミングスキルが身に付く

・企業を斡旋してもらえる

 

実践的なプログラミングスキルが身に付く

実践的なプログラミングスキルが身に付く

プログラミングスクールのカリキュラムは、実際の開発現場に入ることを想定した総合的な内容になっています。

単に特定のプログラミング言語だけを学ぶようにはなっていませんので、その点は企業との面接でもアピールしていいです。

 

企業を斡旋してもらえる

企業を斡旋してもらえる

先ほどの章でも触れましたが、プログラミングスクールの受講生は無料で企業を斡旋してもらえます。

プログラミングスクールが紹介した企業にあなたが転職すると、紹介した企業からプログラミングスクールへ紹介料が支払われます。

紹介料はけっこうな額であり、プログラミングスクールの受講よりも高額です。

プログラミングスクール側はなんとしてもこの紹介料を得たいと考えています。

 

これが何を意味するかというと、プログラミングスクールは本気であなたに企業を紹介するということです。

プログラミングスクール側の都合はどうであれ、転職したい受講生にとっては大きなメリットです。

 

30代で就職支援を受けるためのプログラミングスクールの選び方

30代で就職支援を受けるためのプログラミングスクールの選び方について解説します。

30代未経験からの転職を目的としたプログラミングスクール選びでは、見るべきポイントが決まっています。

プログラミングスクールは似たようなところが多いので、以下の4点に絞って、条件をクリアしているスクールを選ぶようにしましょう。

チェックポイント

・転職サポートが受けられる

・質問し放題

・ポートフォリオ作成がカリキュラムに組み込まれている

・専属のメンターがついてくれる

 

① 転職サポートが受けられる

転職サポートが受けられるか

そもそも30代の方がプログラミングスクールに入る理由は、プログラミングを学び、ITエンジニアとして転職したいという目標が大半だと思います。

そこで、数あるプログラミングスクールの中から選ぶ際に最も優先したいポイントは、転職サポートが受けられるかです。

プログラミングスクールが卒業生に紹介する企業は、そのスクールとつながりのある企業です。

そのような企業の紹介を受けられると、自分から何も無しに応募するよりも、はるかに転職できる確率は高くなります。

転職サポートについては、以下の3点についてあなたの希望とマッチするか、入校前によく確認しておきましょう。

入校前に確認

  • 卒業後の就職が保証されているか
  • どのような企業に就職できるのか
  • 就職先の待遇

 

② 質問し放題

質問し放題

プログラミングスクールのカリキュラムを進めていくと、わからない点やうまく動作しないことがたくさん出てきます

そのような場合に備えて、いつでも何度でも質問できる環境が整っているかについて申し込む前に確認しましょう。

質問してすぐに回答が得られれば、詰まる時間は短くて済みます。

また、質問できる形式も注意が必要です。

大抵はチャット対応になると思いますので、質問してからどのくらいの時間で回答が得られるかも合わせて確認しておきましょう。

 

③ ポートフォリオ作成がカリキュラムに組み込まれている

ポートフォリオまでサポートしてくれるか

ポートフォリオ制作がカリキュラムに組み込まれているかを確認しましょう。

転職目的でプログラミングスクールを受講するのであれば最終目標はずばり「ポートフォリオ完成させる」ことです。

企業に応募する際、自分が作った作品を提出することで未経験なりの頑張りを評価してくれるところもあるためです。

また、応募条件としてポートフォリオの提出を必須としている企業もあります。

 

④ 専属のメンターがついてくれる

あなた専属のメンターはつけてくれますか?

プログラミングスクールにおけるメンターというのは、あなたを専属で担当してくれる先生のことです。

専属メンターをつけてくれるプログラミングスクールであれば、あなたの現状を理解した上で、スケジュールのアドバイスやプログラミングの指導を受けることができます。

プログラミングを学ぶ速度というのは、個人ごとに大きく変わってくるので、今のあなたのレベルをわかった上で指導をしてもらえると、学習効率も向上します。

プログラミングスクールを選ぶ際は、できるだけメンターがついてくれるところを選ぶようにしましょう。

 

30代でも就職支援が受けられるプログラミングスクール3選

30代でも就職支援が受けられるプログラミングスクール3選

30代でも就職支援が受けられるプログラミングスクールについて3つご紹介します。

30代は境界の年代ですので、30歳と39歳では事情も変わってきます。

プログラミングスクールに入る前に、あなたが就職支援の対象になるかは事前に確認するようにしましょう。

 

テックアカデミー

オンライン専用で最大手のプログラミングスクール。

30代でも就職支援が受けられます。

受講開始時点で32歳以下であれば、転職保証付きコースに入ることも可能。

住んでいる地域によっても事情が変わるので、受講前には就職支援が受けられかは事前に確認しましょう。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPでは、多少の制約はありますが、30代の方に就職支援を行っています。条件としてはある程度ITエンジニアとしての適正、これまでの職歴を見て判断するようです。

DMM WEBCAMP自体は東京にあるスクールなので、紹介される企業も東京が多くなるでしょう。

30代の誰でもOKではありませんので、受講前には無料カウンセリングで確認するようにしましょう。

 

侍エンジニア塾

専属講師がマンツーマンで指導してくれるプログラミングスクール。受講生の年齢層が若干高めで、30代の方も多く受講されています。

就職支援について、30代の方も受けることが可能。

オンラインで学習できます。

転職の他に、フリーランスの育成にも力を入れているスクールです。

 

30代プログラミングスクール選びの補足

30代プログラミングスクール選びの補足

30代プログラミングスクール選びの補足説明です。

ポイント

・分野があらかじめ決まっている場合

・プログラミング言語が決まっている場合

・就職できれば何でもいいと思っている場合

 

選び方の補足①-分野があらかじめ決まっている場合

あらかじめやりたい分野が明確であれば、その分野を取り扱っているプログラミングスクールの中から選びましょう。

プログラミングの分野は幅が広いので、広く浅く学ぶよりは、狭く深く学ぶほうが就職という面では有利です。

例えば、AI(人口知能)はこれから発展していく分野ですので、興味があるのであればおすすめです。

 

選び方の補足②-プログラミング言語が決まっている場合

すでに学ぶべきプログラミング言語が決まっているのであれば、当然それを扱っているプログラミングスクールを選ぶことになります。

選び方の注意点としては、できるだけその言語に特化したプログラミングスクールを選んだほうが良いです。

あと、授業内容がより実務を想定した内容になっているかも、入校前に確認しておきましょう。

30代の方であれば、常に実務ありきで行くべきです。

 

選び方の補足③-就職できれば何でもいいと思っている場合

あなたが30代で、この仕事にかける思いがあれば、プログラミングスクールで学ぶ内容などさほど重要ではありません。

その場合は無難にWeb系が学べるスクールを選び、尚且つ、あなたの転職を手厚くサポートしてくれるプログラミングスクールを選択しましょう。

IT企業に転職さえできれば、技術はあとからついてくるものです。

 

プログラミングスクールの料金はいくらかかるのか

プログラミングスクールの料金はいくらかかるのかについて解説します。

プログラミングスクールを受講するための予算はどれくらい見ておけば良いのでしょうか。

 

プログラミングスクール受講費の目安は20〜30万円

プログラミングスクール受講費の目安は20〜30万円

プログラミングスクールの料金は20万円〜30万円くらいだと思ってください。

受講期間は2〜3ヶ月のケースが多いです。

中には50万円以上もするようなプログラミングスクールもありますが、初心者に短期間で教える内容というのはどこも大体同じです。

受講費が高いからいいところだ」とは思わないように気をつけましょう。

 

先に紹介したテックアカデミーが大体このあたりの料金になっています。

テックアカデミーの料金
【2021年】テックアカデミーの料金は高い?全コースの料金表から比較

テックアカデミーの料金について解説していきます。 テックアカデミーの料金はコースと期間によって決まります。 ただし、一部特殊料金体系のコースもありますので、注意しましょう。   テックアカデ ...

続きを見る

 

プログラミングスクールで大事なのは料金より期間

プログラミングスクールで大事なのは料金より期間

プログラミングスクールでは料金がいくらかかるかよりも、どれくらいの期間受講できるのかが大切です。

社会人の方がプログラミングスクールを受講するとなると、普段の仕事とプログラミング学習を両立させる必要が出てきます。

短期間で詰め込みすぎるのはハードなので、できれば予算内で12週間(約3ヶ月間)受講できるスクールが理想。

 

無料のプログラミングスクールもあるが30代だと厳しい

無料のプログラミングスクールもあるが30代だと厳しい

プログラミングスクールの中には受講料が無料のスクールもあります。

無料で運営できる理由は、受講生にはプログラミングスクールが斡旋する企業に確実に入社していただくという条件付きだからです。

確実に入社してもらわないとプログラミングスクール側の利益が出ないので、採用されやすい20代の人がメインとなっています。

プログラミングスクール有料と無料の違い
プログラミングスクールの有料と無料の違い

プログラミングスクールに限らず、社会人になってから学校で何かを学ぶ際には、お金がかかるのが普通です。 でも、プログラミングスクールというところは少し特殊な業種で、受講料が無料のところも存在します。 & ...

続きを見る

どうしてもプログラミングスクールの受講料を払うのが厳しい方は、30代でも可能かをまずは問い合わせてみるのが良いと思います。

 

プログラミングスクールはオンライン、オフラインのどちらが良いのか

プログラミングスクールはオンライン、オフラインのどちらが良いのか

プログラミングスクールには大きく分けて、2つの形式があります。

ポイント

1.オンライン ー スクールに通わない形式。ビデオ通話、チャットを使い受講を進める

2.オフライン ー スクールに直接通う形式。直接質問できる

 

オンラインの特徴

オンラインの特徴

オンラインの特徴は自宅にいながらプログラミングスクールの受講ができるという点です。

社会人で昼間は会社で仕事をしている方であれば、時間の確保がポイントになります。

講師との面談はビデオ通話、プログラミングの質問はチャットで行います。

スクールまで通わなくて良いのは大きなメリットですよね。

 

また、地方にお住まいの方は近くにないと思いますので、その場合はオンラインのプログラミングスクール一択になります。

地方に住みながらプログラミングスクールを受講する方法
地方に住みながらプログラミングスクールを受講する方法

こんにちは、プログラミングスクール講師の斉藤です。 プログラミングスクールに通いたいと思っても、都市部ではなく地方に住んでいると近くにはプログラミングスクールは無いですよね。 そのような方に向けて、今 ...

続きを見る

 

オフラインの特徴

オフラインの特徴

オフラインの特徴は何と言っても対面形式で話しを聞いたり、直接質問できるという部分です。

ただ、コロナの影響もあり、2020年後半からはオンラインに切り替える

あなたが都市部に住んでいる方であれば、大抵は駅前などにプログラミングスクールがありますので、直接通うことも可能です。

 

どちらの形式が良いのか

どちらの形式が良いのか

両方選べる人の場合、オンライン、オフラインのどちらにしたら良いのかという問題が出てきます。

プログラミング学習に関していえば、オンライン形式で全く問題ありません

コロナの影響で今は大学ですらオンラインの講義をするようになりました。

一度やってみるとわかるのですが、わざわざスクールまで通わなくて良いというのはかなり便利なものです。

 

30代の人がプログラミングスクールを選ぶ時の注意点

30代の人がプログラミングスクールを選ぶ時の注意点

ここでは30代の人がプログラミングスクールを選ぶ時の注意点を解説します。

プログラミングスクールに入ることは安い投資ではありません。

受講費を払う前に納得いくまで疑問点は聞くようにしましょう。

 

年齢制限にかかっていないか?

年齢制限にかかっていないか?

30代といっても、30代前半と30代後半では少し事情が変わってきます。

30代後半だからダメと言われては困りますので、プログラミングスクールに入る前にあなたの年齢で問題ないかをきちんと確認しておきましょう。

ITエンジニアであれば、実務経験を1年以上つめばフリーランスエンジニアになることもできますので、正社員にはこだわらなくて良いです。

参考:プログラミング未経験からフリーランスエンジニアになる方法

 

転職先ではシステム開発の仕事をさせてもらえるのか

うそのような本当の話しなのですが、プログラミングの仕事だと思って入社したのに、テスト要員保守作業をやらされるケースがあるようです。

せっかくプログラミングを学んで転職するのに、プログラミングが使えない仕事なんてつまらないですよね。

IT企業の仕事内容は多岐に渡りますので、大きめの会社であれば、開発部署もあれば、試験部署なんかもあったりします。

これはプログラミングスクールの斡旋先がどうというより、企業との面談の時に気を付けるべき内容です。

 

料金が高すぎないか?

プログラミングスクールの中には超高額な料金が設定されいているところもあります。

はっきり言って、プログラミング未経験者に教える内容など、どこも同じようなものです。

受講費が異常かどうかは、いくつかのスクールを比較すればすぐにわかります。

いきなり1つに決めて突進することはないと思いますので、3つくらいに絞って比較検討するようにしましょう。

 

誇大広告ではないか?

プログラミングスクールを運営している会社は当然ながらビジネスとしてこの事業を行っています。

利益の源泉は受講生ですので、受講生を募るページには良いことがたくさん書かれています。

特に注意してほしいのが、たいして努力もしないで楽勝みたいに書かれているスクールです。

プログラミング未経験者が短期間で基礎を身につけるには、現実にけっこうハードに時間がかかります。

それはどのスクールでも同じですので、楽できるスクールを探そうとは思わない方が良いでしょう。

 

30代未経験からITエンジニアに転職するために必要な要素

30代未経験からITエンジニアに転職するために必要な要素

30代未経験からITエンジニアになる為には何が必要なのでしょうか。

経験が無い以上、それ以外の部分に大切な要素があります。

ここではその点について解説します。

 

本気で取り組む気持ち

重要なのはあなたの気持ちです。

ITエンジニアになるんだ」という思いが本気であれば、経験が無いことなんて大した問題ではありません。

本気であれば、潜在意識があらゆる手段を探し始めます。

ですので、まずは「本気になる」という意識を持ちましょう。

 

プログラミングへの適性

私はプログラミングスクール講師として、200名以上の受講生と接してきました。

そこでわかったことはプログラミングへの適性は30代であっても個人差があるということです。

適性がある人は吸収が早いですし、そうで無い人は遅いです。

もしあなたが適性が無い側の人であれば、それを自覚してプログラミング学習に取り組むようにしましょう。

他人と比較して遅いからと言って、諦める必要はありません。

 

基本的なプログラミングスキル

最初から実務レベルのプログラミングスキルは期待されませんが、基礎レベルは知っておくべきです。

30代であれば、10年近く社会人の経験があると思いますので、何でも教わるのではなく、自分から学び取っていくぐらいの姿勢が求められます。

 

開発現場に受け入れてもらえるコミュニケーションスキル

システム開発の現場では、技術力と同じくらいコミュニケーションスキルが重要視されます

なぜなら、システム開発はチームで行いますので、きちんとしたコミュニケーションが取れない方がいるとチーム全体に悪影響を及ぼすからです。

残念ながら、コミュニケーションスキルが無い人はプログラミングスキルが多少高くても、現場からは敬遠されがちです。

30代である程度社会人経験がある人であれば、基本的なコミュニケーションスキルはあると思いますので、その点については心配不要かと思います。

 

業界に特化した前職の経験、知識

あなたが20代〜30代を異業種で過ごしたのであれば、特定の業界については他人より詳しいはずです。

例えば、「会計に詳しい人が会計に関するシステム開発の現場に入る」と、すでに知識を持っている状態でシステムに接することができます。

このように、あなたの得意とする分野のシステムを開発している会社であれば、あなたを必要としている可能性があることを知っておいてください。

 

30代からプログラミングを学ぶのは遅い?

30代からプログラミングを学ぶのは遅い?

30代からプログラミングを学ぶのは遅いのでしょうか。

一般的に、学習内容を吸収する力は若い人ほど高いです。

ただ、仕事でやっていくためのプログラミングスキルはさほど高い能力は求められません

なぜなら、仕事で行うプログラミングは、既存アプリケーションの改修案件がほとんどなので、既存のソースコードを流用して実装できるからです。

仕事レベルのプログラミング習得であれば、30代でも全く問題なく可能です。

 

30代未経験からプログラミングを習得するメリット

30代未経験からプログラミングを習得するメリットについてもご紹介します。

実はプログラミングスキルがあると、自分が楽をするためのプログラムを作ることができるようになります。

例えばエクセルVBAが使えると、エクセル作業やWindowsのファイル、フォルダ操作を自動化できます。

VBAが使えると転職で有利になる理由
Access VBAやExcel VBAが使えると転職で有利になる理由

ACCESSやExcelのVBAが使えると転職で有利になるのでしょうか? プログラマが仕事としてVBA開発をすることは少ないですが、事務職などIT系以外の職場ではVBAは重宝されるスキルです。 ですの ...

続きを見る

 

つまり、プログラミングを仕事にするはもちろん良いですし、実生活に役立つソフトも自分で作り出すこともできるのです。

管理人
30代からプログラミングを学ぶ価値は高いというのが私の意見です。

 

30代からプログラマーを目指す人はけっこういる

私は社会人向けプログラミングスクールの講師をしていたので、数多くの受講生を見てきました。

年代でいうと30代の方もけっこういたりします。

多くの方は、今の仕事の将来性に不安があるようです。

プログラマーであれば、この先しばらくは需要が消えることは無いと思いますので、異業種からでも挑戦したい人が多いのかなと思いました。

 

年齢よりも大切なプログラミングへの適性

性格が理論的な人はプログラミングに向いています。

なぜならプログラミングは書いた通りにしか動作しないからです。

そこに感情はありません。

プログラマーに適性がある人もいれば、ない人もいます。

適性が無い人は、プログラミングスクールの初歩の課題にもついてこれません。

プログラミングスクールという場はある意味、適性が無い人を振り落とす場でもあります。

 

30代プログラミングスクール選びに関するQ&A

30代プログラミングスクール選びに関するQ&A

30代プログラミングスクール選びに関する疑問についてQ&A形式で解説します。

 

30代未経験からプログラマーを目指すのは遅いですか?

早いとは言いませんが、努力次第で間に合います

職業プログラマーに求められるのは、要求されて機能を実装する能力です。

これは何もないところから新しいサービスを生み出すよりもはるかに簡単な作業です。

 

プログラミングスクールの料金はどのくらいかかりますか?

プログラミングスクールに入校して受講するには、それなりのお金が必要になります。

転職サポート付きのスクールであれば、2〜3ヶ月で18万~50万円のところが多いです。

プログラミングスクールにかかる費用
プログラミングスクールにかかる費用

プログラミングスクールに通うには、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか? 今回はプログラミングスクールにかかる費用について解説します。 目次1 おおよその金額1.1 分割も可能2 無料のプログ ...

続きを見る

 

一括での支払いが難しくても、分割支払いに対応していますので、先にプログラミングスクールに入って転職し、年収を上げてしまうのもひとつの手ですね。

プログラミングスクールは分割払いできる?
プログラミングスクールの料金は分割払いできる?

プログラミングスクールの受講料は、3ヶ月通うコースだとだいたい30~50万円くらいかかります。 関連記事:プログラミングスクールにかかる費用   それなりに高額ですので、一括で支払えない方も ...

続きを見る

 

地方でも転職支援は受けられる?

プログラミングスクールの転職支援は首都圏がメインです。

地方都市ではサポートできないケースが多いようですので、入校前によく確認するようにしましょう。

 

プログラミングスクールに入ったらリモートワーク(在宅)で働けるようになれますか?

もしあなたがプログラミングの実務経験もコネもなければ、いきなりリモートワークは難しいと思います。

Web系の仕事であれば必ずしも毎日オフィスで作業する必要もありませんので、ある程度企業との信頼関係が築けたあとでなら交渉できるでしょう。

また、クラウドソーシングであればリモートワークがメインですが、案件の単価が安いので高収入は期待できません。

 

転職しやすいプログラミング言語はどれですか?

JavaPHPです。

なぜなら、これらのプログラミング言語が多くの企業で採用されているからです。

どのプログラミングスクールでも必ずあるコースですので、転職目的であればJavaかPHPを選択しましょう。

 

プログラミングって独学では難しいですか?

初めてプログラミングに取り組むのであれば、独学は避けた方が良いです。

20代前半で時間をかけれるのであれば、ドットインストールなどの安いプログラミング学習サービスを利用するのもありですが、30代の場合は時間がありません。

プログラミングスクールで基礎を身に付け、転職した後に行いましょう。

 

メンターが付いてくれるメリットって何ですか?

プログラミングスクールの中には専属メンターをつけてくれるところも多くあります。

メンターが付いてくれると、あなたのスキルやプログラミングへの適性を客観的に評価してもらうことができます。

なぜそのようなことができるかと言うと、メンターは数多くの受講生を見てきているからです。

相対的に見て、あなたのレベル感に応じたアドバイスをもらうことができます。

これがメンターが付いてくれる大きなメリットです。

 

30代の場合、何歳までだと未経験から転職できますか?

一般論で言うと30代前半までです。

ただ、SESがメインの企業であれば雇ってもらえる可能性はあります。

年齢が気になる方はプログラミングスクールに申し込む前に、転職支援してもらえるかを確認しておきましょう。

 

プログラマーになったら年収は上がりますか?

年収を決めるのは会社ですので、上がるか下がるかはその人の環境により変わります。

一般論で言えば、プログラマーという職業は残業が多めなことが多いので、残業代まで含めると年収は上がる方が多いのではないかと思います。

 

プログラミングスクールに入ったことが無駄にならないか不安です。

あなたの年齢がいくつであろうと、プログラミングスクールで努力したのであれば、その経験は無駄にはなりません。

時間的、金銭的に無駄にならないかをもし悩んでいるのであれば、チャレンジするべきです。

きっと道は開ますよ。

 

© 2021 プログラミングスクールの選び方